「カジノ」と「音楽」は興味深い組み合わせです。多くの映画でも取り上げられていますが、カジノとギャンブルと音楽の組み合わせはよくあるものなのでしょうか?個人的には、まず頭に思い浮かぶのは、ケニー・ロジャースと彼の楽曲『The Gambler』ですが、世界的歌姫レディー・ガガの楽曲『ポーカー・フェイス』を思い浮かべる人も多いかもしれません。このように、ギャンブルやカジノからインスピレーションを得ている楽曲は多いのです。しかし、カジノにぴったりな曲はどんな音楽だと思いますか?

カジノ場はそもそも、訪れるゲストが居心地よく快適に過ごせるように作られていますので、大音量の音楽は流すべきではありません。がしかし、これには例外がありますので、それは後ほど説明します。カジノでのすべてのゲームには魂が、そして異なる精神があります。ですから、ゲームによって流されるべき音楽は異なるのです。

さて次に、カジノでの異なるシナリオについてお話ししたいと思います。最初のシナリオは、カジノはアドレナリンパークのようなもので、クラシック音楽ではなく、アップテンポの音楽を聴きたいという場合です。この場合に最適な音楽のチョイスは、テクノと電子音楽です。

このタイプの音楽はとてもスピード感があり、プレイヤーを興奮させ、雰囲気は最高に盛り上がります。アップテンポの音楽は若い客が集まる新しいカジノで人気です。若い人はクールに決めて、ノリに乗って賞金を稼ごうとするので、アップテンポの音楽は、若い人が集まるカジノにぴったりなのです。

アップテンポの音楽の反対は、ゆっくりなテンポの音楽です。多くのカジノには年配のギャンブラーが集まります。彼らは紳士なので、アップテンポのカジノ音楽を好まず、まったく違うタイプの音楽を聴きたいと思っています。このシナリオの場合、おすすめの音楽チョイスは、ゆっくりなテンポの音楽です。

ラスベガスを舞台にしたクラシック映画を見ると、ゆっくりなテンポの音楽が、ギャンブルのプレイのBGMとして小さな音量で流されているのを耳にするでしょう。特に、ブルースとジャズが定番ジャンルです。サックスの音が流れる中で、ブラックジャックをプレイしながらウィスキーを飲む、という調和の取れた雰囲気を想像してみてください。素敵ですよね?

3つ目のカジノ音楽は、上記の2つとはまったく異なる音楽であるライブミュージックです。このシナリオは、有名な歌手やバンドがカジノで生で歌うというものです。コンサートの主たる目的は、有名な歌手の歌を聴く目的で来る人をカジノに呼び集めることです。これは新しい方法ですが、大好きなゲームをプレイしながらライブミュージックを聴くことができるため、とても人気があります。歌手ではなく、有名DJでもよいでしょう。今日では、DJアーティストはシンガー以上に人気があるので、もしお気に入りのDJのパフォーマンスを見たければ、カジノに来なければならないからです。